職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< こういう時代 | main | 技術革新 >>
見積3ヶ月

コロナのニュースと時期の重なる

ここ直近の3ヶ月

 

自粛の一言に押さえ込まれるまでもなく

引きこもりの見積作業が続きました

 

改修・増築・新築…など何軒見積しましたかしらん

 

それぞれに想いのある資料を前に

軽いタッチで電卓を叩くなど出来るはずもなく

 

意識を静かに図面へと

波立てず泡立てずに 染み込ませ

建つであろう場所と2次元の図面とを

自分の中に同期させながらの見積作業 3ヶ月

 

図面もそれはそれは

精魂込めて描かれていること 理解しております

 

でも見積する側も同じくらいに いやそれ以上かもに

精魂込め なのですよ

 

図面が出来上がるとね みんなすぐに

それがいくらで出来るのかを知りたがるんです

 

もちろんそれは今の時代において

当然の当たり前

お気持ちは痛いほど分かっているのですが

 

さて こちらも死活が掛かっておりまして

図面に描かれていないところまで読み取って

未解決の施工手順や

これ絶対に必要となるはずだよねという部品まで

想定して試算するのが 私たちの見積作業

 

家一軒 頭の中で組み立てておりますの

 

で そこまで頭の中で組み立てが出来ていても

その上に 多くの関連業者の皆さまの知恵を借りないと

造れないのが こちらの家造り

 

3ヶ月 丁々発止の見積作業の副産物は

1年半ぶりのギックリ腰で

 

良い箱が出来るのであれば

俺の腰などくれてやる!

との想いもありつつ 腰痛の辛さには勝てず…

 

 

以上 見積の提出まで

上記のごとき葛藤と過程が繰り広げられている旨

 

心にお留めいただければ幸いに思うところであります

COMMENT