職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 建前から2ヶ月 | main | 人が住んでなんぼの仕事 >>
刺激の多い10月リポート

10月が身勝手に

あっという間と 過ぎ去ろうとしています

 

11月に入れば 師が助走を始め

12月に入った途端に全力疾走

そろそろ私の目に お正月が映ります

 

さて10月

 

繰り返される台風水害の報に胸の痛みを覚え

 

身近の被害はないものの

まったく他人事とは思えない商売をしていることもあり

今後未来の気象事情が気になって

 

何があっても絶対に大丈夫な箱

 

そんな夢想をある程度の現実にしなければならない時代が

来てしまったことに畏怖しています

 

 

そんな10月

 

旧くからの懇意の設計士氏の

普段からとは規模の違う 相当な努力を詰めた箱を見学

 

 

クライアントが何を求め 彼に設計を依頼したのか

それに応えた姿に 大きな刺激をいただきました

 

 

 

 

そして10月

 

身を削るかのごとく 私小説のような建築と

 

 

大人のための童話のような建築を

 

 

拝見させていただきました

 

共通項の多い2邸ながら

それぞれの設計者の持つ強さが

まったく別の物語となって現れています

 

普段の見学会では 工務店のオヤジとして

施工のほど具合をイヤらしい目つきで

眺め回すのですが

 

この度は施工者の技術を上回る 設計者の想いを

やっぱり 眺め回してまいりました

 

 

ところで10月

 

ちょくちょく話題に上げる 午前十時の映画祭

 

 

知らないのなら知らないままにしておいた方が

身のためかと思う 時計仕掛けのオレンジ

 

現代においては映倫区分 R18+ の大人の映画

 

ただ私はそんな区分のない時代

10代中盤にこれを見てしまったので 手遅れです

 

刺激なんてだいたいにおいて慣れてしまうものなのですが

この映画から発射される刺激には慣れることがなく

 

何度見ても ミートスパゲティが食べたくなり

何度見ても  雨に唄えば を口ずさむ

 

あぶないおくすりのような映画を 楽しんでしまいました

 

 

 

あぁ10月

 

普段より刺激の多かった10月が終わり

年末を待たず全力ダッシュな 11月がやって来る

 

刺激を受けたから若返るってことはありませんが

ダッシュ用 燃料補給の1ヶ月だったように思います

COMMENT









Trackback URL
http://hacoya.jugem.jp/trackback/1079
TRACKBACK