職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 昭和は遠くなりにけり | main | BBを一滴 >>
手のあとがいっぱい

 

楽しそうな小部屋を持つこちらの箱

 

 

 

 

外観はおおむねの形を見せ始め

 

 

各所多々 手の跡をたっぷりと残しつつ

幾多の打合せを盛り込みながら

 

 

完成へと進んでいます

 

 

 

 

これら写真に載せた各部の納まりが

現実の現場へ はめ込まれるまでに掛けられる時間は

それはもう 気の遠くなるほどで

 

 

まず設計者の元の図面があり

それを現場監督が施工図として

細かな寸法までを詰めた図面に表現します

 

その後 その施工図を再度設計者と調整しつつ

 

ともすればこの段階で違う案が出て来たりして

施工図を書き直したりして

もう一度打合せをしたりして

 

ようやく決まったところで材料を発注し

材料が届くのを待ち

 

届くまでの間 大工さんが施工図を読み取りながら

下地を造るなどの準備をし

 

 

材料が届いたところで

大工さんが加工を始めるのですが

 

 

施工図で寸法を詰めたつもりでも

現場で予期せぬことが起こったり

大工さんが加工を微調整したり

 

 

その経緯の後に出来る この窓枠1ヶ所

 

私はつい手を合わせて 拝んで しまうのです

COMMENT









Trackback URL
http://hacoya.jugem.jp/trackback/1063
TRACKBACK