職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 見上げの家 | main | 足場が外れてからのこと >>
間もなくオープン

室内ではイベント用の展示が始まっております

 

 

4月の週末ごとに内覧会を催しているとのこと

機会がございましたら ぜひにどうぞ

 

私はSNSから取り残されていますので

詳しいお伝えは出来ませんが

お調べいただければ 情報も出てくるはずです

 

 

シンプルでシャープで重厚で

 

 

住宅とはまた違ったスケールと納まりが

楽しかった箱でもありました

 

 

 

 

お越しの際の 見どころは

 

 

レリーフのようにも見える

構造部材と壁面の取り合い方

 

鉄骨構造にお詳しい方なら

すき間の処理に手間を掛けている辺りを

見ていただけるかと

 

 

もちろんこの倉庫の色を特徴付ける

壁に仕立てられた 濃灰の小原和紙 は

真っ先の見どころで

 

 

重量感のあるコンクリートの床に負けるどころか

コンクリートを引き立て役にしてしまう堂々たる主役ぶり

 

 

その他

下記写真左手側の壁に仕込まれた 4本の建具を見つけ

1本200圓砲發覆詁誕腑汽ぅ困

グォーっと 開ける楽しみもございます

 

 

いつもなら今の頃 箱が住まいへと変わる姿を

感慨深く味わうタイミングなのですが

 

この箱が仕事場として稼働し始めるのを

同じくらいの感慨で楽しみに思う

 

箱屋として

平成最後 のお引渡しとなる 建物でございます

 

COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK