職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 痕跡 | main | お待ちしていました >>
このタイミングは珍しいですよ

1月に開催しました現場見学会

告知期間の短さもあり大盛況とは言えませんでしたが

何より大切なのは継続とアピール

 

ということで

 

現場見学会 今年2回目

 

 

 

場所は愛知県高浜市

設計は 服部信康建築設計事務所

詳しくは 例によっての NEWS にて

 

 

さて今回の見どころは

世にも珍しい 思いっきり工事途中の見学会

 

 

世の中には構造見学会と称して

建前直後の骨組みや耐震システムをお見せしたり

 

特徴的な設備機器を披露したり

 

ワークショップという いかにもな名目で

一般人をタダでこき使う場を設けたり

 

つまり住宅の見学会と言えば

何らかの建築的なテーマを持って開催するケースが

ほとんどなのですが

 

何と今回はテーマ性 皆無の

旅の途中 ならぬ 現場の途中 をお見せします

 

開催日3月24日の頃は たぶんきっと

現場が工事期間中もっとも模索状態におちいっている頃のはず

 

イラつく大工

頭を抱える現場監督

飛び交う施工図

おびえる設備業者

そして 無慈悲な設計事務所

 

 

そんな現場の混沌とした姿が見られるのは

この見学会だけ

 

構造よりも設備よりもワークショップよりも

面白いと 私は思っています

 

どれだけ混沌としていようが

その中に射す一筋の光明を頼りに

同じ方向を向いて 現場を完成へ導こうとする

そんな勇者のごとき現場関係者の姿を 話を

一服いかがでしょうか

 

 

ところで

上に「混沌」と書きましたが

そもそも作り方も作るものも図面で決まっているはずなのに

何を今さら現場でゴタゴタと模索することがあるの?

 

と思った そこの貴方

 

この見学会に参加するとその疑問が解消され

家造りって スゲぇ と思えるようになりますよ

COMMENT









Trackback URL
http://hacoya.jugem.jp/trackback/1025
TRACKBACK