職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
だけじゃ なかった

平面に直角の部分が少ない

だけじゃ なかった こちらの箱

 

 

 

1階の床は奥へ行くに連れ 2段階に下がっていき

それぞれ仕上げも違うとのこと

 

 

2階の大きめ開口は 台形というか三角形

 

さて1階の開口は どうなんだっ!?

 

 

おぉ まだこちらは長方形のご様子 ひと安心

直角には交わっていないけれどね

 

 

いつも楽しくほのぼのと打合せをさせていただいているので

建物もつい ほのぼのと 造れるんじゃないかと

錯覚 してしまいますが

 

そんなんでこの斜め線の多さはごまかされんからね

そんなんで私をだませたら大したもんだ

 

天井の下地を造り始めた大工さんが

結構悩んでることだけは

設計士さんにも伝えておかなきゃいけませんのです

旅の始まり

 

天候は曇り

11月の末ですから 陽が出ないことに寒さの予感

しかも前日は 雨

 

風が吹き始めたら 過酷な作業も予想されています

 

 

しかし ここも普段の心掛け

気温も下がらず 風吹かず

 

 

一定のゆるい気温が朝から続く 建前日和

 

斜めが多いとつぶやき続けたこちらの箱の

立上りも威勢よく

 

 

平面は 組子細工にも見え

 

 

 

箱の強度を感じさせてくれています

 

 

今日のご褒美 お昼のおでん

 

 

これをいただいたら元気百倍

力が出ないぃ などとは言わせない

 

 

 

午後からは屋根を組む

 

 

 

斜めの多い平面が 番付を混乱させて

いの一が どこ

りの四が どれ

 

どちらがタテでこちらがヨコで

 

 

 

 

 

それでも組み上がるのですから 大したものです

 

 

 

この季節

夕暮れに吹くはずの木枯らしさえも見当たらず

 

想定していたところまでの作業が

ケガ無く終わって ホッとして

 

複雑に組まれた中に 思うより 広い空間 が生まれました

 

 

ここから完成までの中で

この空間を活かして育てていきますので

 

どうぞ工事期間中 お楽しみくださいますように

しばしの旅路をご一緒に

そろそろ気になって来るのでしょうか

地鎮祭の頃には

あえて気にしないようにしてきた

斜めの線の多い 建物平面が

 

 

 

工事が進むに連れるうち

そろそろと 気になり始めて来るかと

身構えておりましたが

 

 

でも 思いの外に 大丈夫

 

 

こうして 笑顔の打合せも出来ますし

木材も現場へ到着しましたし

 

 

斜めの線など なんのその

 

頭を使って 図面を書いて 打合せを重ねれば

ほらね 何とかなるもの

 

間もなく 建前です

ビニールのひもなど 気にするな

少しずつではありますが

朝と晩に夏の終わりを感じるようになった8月の終わり日

 

新たな現場をスタートさせるべく

節目の行事 地鎮祭へ参加させていただきました

 

 

 

 

 

明るいご夫婦と抱かれた赤ちゃんとそれを見守るお父様

それと夏の風邪で参加出来なかったお嬢さんの分まで

工事の安全・無事の完成・ご家族の健康をしっかりと祈願して

 

念入りの催事も滞りなく納めまし

作業の開始へ向け 暑さでたるんだ気合を入れ直し

 

さて工事 どこから手をつけようかしらんと

ながめる地面に目立つのは

建物の形に張られたビニールのひも

 

幾度見直すも 平行なラインの少なくて

 

 

そして 土地は奥へ向かい すぼまって

 

 

うん でも大丈夫

何せ 施主さまは明るく 土地は平坦

 

斜めに張られたビニールのひもなど

今日のところは 気にしない