職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
良いものと関わる

様々な箱を造らせていただいています

 

何のために 誰のために造るのか

その時々 それに対する答えを持てなければ

住宅の施工は難しく

 

極論は

そこに住まわれる人が気に入ってさえくれたら

それで良いのですが

 

やはり普遍に良いと感じるモノに関わると

非日常な刺激とはまた違う「あんしん」という刺激に

造っていて楽しいものなのです

続きを読む >>
リハーサル

建物が 部屋が 完成したら

こんな感じに使います

 

 

えぇ すぐに大きくなりますから

この高さで 結構です

 

 

他のところも

こんな具合でいいと思います

 

 

だいぶ出来ているようですね

 

 

完成まで よろしくお願いいたします

載荷試験の前に

 

もし この美しいプロポーションを持つ階段が

万が一 私の荷重に耐えられなかったとしても

 

 

それは

どのような観点からしても 私の体重が悪いのであって

 

 

この階段および階段を製作した大工さんに

一点の非もないことだけは

 

載荷試験の前に 宣言 しておきたいと思います

試作をしたら次は実作

試作を経て 実作へと進みます

 

 

階段が掛かったら

次は私が乗って 上がり下りを繰り返すという

厳しい 載荷試験 が待っています

 

 

果たして

耐えられるかな?

春 うららかな日に

みんなで 現場で打合せ

 

 

 

各所 細かいところを

みんなで確認して決めていくのですが

 

 

その打合せした内容が現場に反映され

形となって進んで行く

 

 

打合せ→製作 検討→製作

この繰り返しを続けて私たちの箱は出来ていきます

 

 

これは階段の 試作品

 

こんな試作品を造って検討するのも

なかなか贅沢なことだと思うのですが

 

この検討の繰り返しで箱屋は出来ているのです

年明けホヤホヤ

まだ頭の中がお正月だった1月9日のこと

 

今年の仕事始めと言ってもよいほど

正月明けホヤホヤの 成人の日に

 

 

建前を行いました

 

 

こいつぁ春から縁起がいいわぇ

などと 歌舞伎のセリフが現場に漂う中

 

 

青空の下 いつものごとく

カンカンと威勢のよい木槌の音が響きます

続きを読む >>
この坂の途中で

 

このY字路から始まる坂の途中で

新しく現場が 始まります

 

 

 

 

こんな可愛らしい子に頭を下げられて

神様がお願いを聞かないはずもなく

無事に工事安全の声が届いたところで

 

 

恒例の露天契約を済ませたら

 

 

ありがたくも平らな土地で

戦闘開始いたします