職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
完成形

6月にはすでに住んでいただいているお家です

 

 

下町の角にスッと置いてあるのですが

 

 

何やらもう一つ 箱がやって来ましたので

 

 

北側のすき間に 押し込んで みました

 

続きを読む >>
室内へお連れいたします










ここまでが1階で
ここから螺旋階段を上がっていただきます

巾も高さも目一杯とったつもりですが
足元には
お気をつけて
続きを読む >>
夕方から夜にかけて
おおむね 撮影する時間帯は限られていて
夕方から夜にかけて 仕事の段落を待ち
人の気配が無くなり
私の気持ちが落ち着く 夕方から夜にかけて




続きを読む >>
ベニヤ仕上げ という罠
世間一般の感覚ではハイコストな仕上げとは言いがたい

壁や天井や床に ベニヤを
貼っただけ
という仕上げ方法

どうしても押入れなどにイメージを代表される
チープでラフで少々クラシカルかつノスタルジックな素材として

ビニルクロスに当てはまることを避けるかのように
私たちは結構な頻度で
ベニヤと呼ばれる合板を貼る機会に出くわします

しかし 貼る側 作る側からの一言として
ベニヤという素材の扱いは
チープでラフでお気楽なものとは ほど遠く

相当に手ごわい相手として
覚悟を持った対戦を強いられる素材であることを
声を大きくしてお伝えしなければなりません




目が届かないはずの 4.2m先にある高い天井



螺旋階段の内壁や



円筒の外側など

各大工さんは 腕だけではなく
頭をフルに使って ベニヤと取り組んでくれました

 
続きを読む >>
2階と1階
部屋の隅に大工さん

スパイダーマンがビルに へばりつくかのように
小さく 写るのが




2階の高さ



同じ建物
手を伸ばせば天井に手が届きそうな高さが 1階の高さ



合わせて2.5階分になるのが
この箱の高さ
クリスマスの少し前
雪の心配が無い程度の暖かさ
それでも雨が降り出せば 12月のクリスマス前ですから
風邪をひく者が出るであろう 23日の水曜日のことです



曇天をにらみながら
降り出す前に 骨組みを組み上げる勢いで



大工さんたちは走り回ります





2階の床まではあっという間
しかもその2階の室内には柱が一本もない
という構造

そう
ここに積み上げられたパネルのような屋根梁を
掛けるのが今日の メインイベント なのです



続きを読む >>
こちらも 配管様々
以前建っていた建物に使用されていた
それだけでは無いはずの量の配管がモソモソと




どれが現在使用中で
どれが閉鎖中で
どれを切断すればいいのか

水道屋さんが 途方に暮れて おりました



水道ばかりではなくガス工事も巻き込んで
皆で配管経路の推理会議


続きを読む >>
前の人の 固い座布団
解体が済んで 地鎮祭も済んで
さぁ 工事が開始します の

その前に




以前建っていた建物の下に
しっかりとした地盤改良が施工してあり

昔の地盤改良の上に新しい建物を載せてしまって
いいのか どうか を調べます

続きを読む >>
英語は話せないが 家は造れる
ここは名古屋の真ん中
鶴舞公園のすぐ近く




郊外地での仕事が多い印象の箱屋でしたが
このたびは都心部でのお仕事です

先々月に解体を済ませた場所に
入れ替わりで建てることを
土地にお願いしました


続きを読む >>
スクラップ・アンド・ビルド
名古屋市内の仕事が続くのは
箱屋にとって珍しいことでありますが





ここを解体して





密集地でありながら
まだ 角地 であることがありがたいここで
楽しそうな箱造りを お手伝いします

続きを読む >>