職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
人が入る
今朝 告知 した箱に





机と人が 入りました

続きを読む >>
箱屋プロジェクト という名の住まい
服部信康建築設計事務所 さんの方に
告知がありますので
興味お持ちいただきましたら ぜひご一読ください

価格が低いからといって
価値が低いわけではない
そんな箱を目指す

その心意気を箱屋プロジェクトと呼ぶのであれば
名前を冠されることのこそばゆさにも 耐えるべきなのでしょう

そんな家を間近で見ていただくという名目で
ついでに 庭造りを手伝ってもらおうという
虫のいい企画を5月末ごろに計画しています

それでは 以下にその風情
心意気の一部を紹介しますのでご覧ください
続きを読む >>
構造用合板だけしか見えない
あなただけしか 見えないの

くらいの勢いで

室内は

構造用合板 だけしか 見えないの












ここは私が
いい? ここは 私が



サッシを取り付けたということに
しておくのよ

ありがとう みんな








みんな 本当に ありがとうございました
早朝仕分け
床の仕上げをですね
フローリングではなく構造用合板という
少々ラフなベニヤを使うということはですね




早朝に材木屋さんへ行って
床用に少しでもラフぢゃあないやつを
選ばなきゃ という気になるわけなんですよ

屋根を伏せる


建物が高架線路の脇に建っているものですから
こういうレッカー作業の際には
鉄道会社に作業許可書類を提出しないといかんのです





今回は屋根を伏せる作業

板金屋さんを筆頭に
応援の大工さんから金子くんまで総出の一大作業でした

屋根に載せるのは
折半 という形状の屋根材

あまり住宅では使用されない形状ですが
それを使用するのにもちゃんと理由があって









その理由は
多分 完成後にオープンハウスをすると思うので
その時にでも

しかし
屋根作業に苦労する現場が続いておりますな

この空を見てがんばります
陰影濃厚な この季節の夕刻



足を留めて 空を見上げる少しの時間が今の贅沢で



外の陰影が
室内にそっと忍び込む様子を

味わう時間が 今日の贅沢

今のところ外も中も白い


防水シートに 包まれて いるので



今のところ 外観は白く



外観に引っ張られるように




室内も白く 仕上がりつつあります
斜度51.9°
午後からは
45°よりキツい屋根を組み立てる作業となります




角度のキツさ以外に
いろんな注意点のある作業で



幅90cm 長さ4.5mのパネルを順番に組み合わせていくのですが



下から見上げるこの木目の合板が
そのまま天井仕上げとなるため




合板同士がすき間なく並ぶように
一枚一枚丁寧に 上から下からくっつき具合を確認しながら
パネルを並べていきます



見栄えだけではなく
この屋根パネルは重要な構造材でもあるため
骨組みに固定するための釘やビスの間隔・本数などにも
気を配りながらの作業です


続きを読む >>