職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
オープンハウスのあと のあと
明日から天気が崩れるとの予報がありましたので
それならば 天気の良いうちに竣工写真を撮りましょう

と思ったまではよかったのですが
撮影途中で電池切れ そして予備電池忘れ

それでも電池が切れるまでに
先日あまり撮れなかった室内が撮影出来ましたので

一部 お披露目 させていただきます



続きを読む >>
オープンハウスの あと
春うららかな 3月最後の土曜日
多くの方に来訪いただき 見ていただけましたこと
御礼申し上げます

また施主さまには
オープンハウス開催をお許しいただき
本当にありがとうございました



特徴的な屋根の納まりや



室内に貼られたベニヤの取合いなど



いくらかでも皆さまの興味を引いたのであれば
これ幸い




板金 ガラス ラワンベニヤ
この3種の素材をどうつなげ どう見せるか
それが今回 私たちの課題であり使命であったことを
感じていただけましたでしょうか

続きを読む >>
いい湯だな
たぶん いい湯 になると思います



箱屋初の露天風呂



間もなくオープンです
ラワンベニヤ三昧
貼りも貼ったり
ラワンベニヤ だいたい四百枚




壁も天井も
床と浴室以外は すべて ベニヤ です




なんだベニヤ か
と思うなかれ とんでもない

皆さんが思うよりずっと
根気とセンスと思いやりがいる作業なのですよ

さえぎるもの無く 北風の中に建っている
建物四方 さえぎるものが無く
どの角度からでも どの距離からでも
楽しめるという珍しい現場です






続きを読む >>
秒読み
足場解体まであと6日



まぁ カウントダウンするほどでもなく
すでにいつでも解体可能な段階ではあります




建物を覆っていたシートもなく
現段階でこれだけ見えてしまっている建物なのですが
この細い足場の線があるのとないのとでは 大違い




ちなみに足場が無くなるからと言って
外観は完成だぁ!
と 喜べないのがこちらのお家

これから建物を取り囲むように
木塀を造る作業が待っています


もう一つ ちなみに
このブロックを積んだスペースは




私も今年で現場監督歴30年となりますが
初めて造らせていただく 露天風呂 です
満を持して


最終的には目に留まることの無い 細やかな作業や
年末に設置されたガラスや板金工事などの
様々な取り合わせ 折衝・セッションを経て



2015年 満を持して
仕上げのラワンベニヤが 丁寧に 貼られていきます

ここが正念場
こちらの箱の開口部はトイレ1か所を除けば
すべて手造り木製建具




このような溝が何本も削られ
幅広の板や極細の木材で組み合わされた建具枠を
ここのところ
来る日も来る日も大工さんは現場で加工しています




現場は建具枠の加工工場と化し



大工さんだって
早く壁を貼ったり 天井を貼ったりしたいところなのですが



この建具枠を正しく納めることが
後々の仕上りの良否を決めるだけに

ここはいわゆる 正念場

大工さんの忍耐力と技術力に感服する毎日です

少し 青くなくなっている
一部分ですが
ブルーシートを外して ガラス をはめ込みましたので
少し室内の青さが軽減されました




揺れる稲穂の風景からは変わってしまいましたが
それでも広がる田園は目に優しく



大工さんの瞳が青くならずに済んだこと
ホッとしているところです



 

青の現場
現場の外が青いのは



晴れて広がる空のせい



では 現場の中が青いのは
続きを読む >>