職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
支店長さんからいただく

写真をたどれば ちょうど一年前

 

 

岡崎の地に建てた箱が

第29回すまいる愛知住宅賞の

住宅金融支援機構東海支店長賞を授かりました

 

正式にはですね なぜか「すまい愛知」の

「る」の字が小文字で

そこが長年大きな として引っ掛かっているのですが

誰に聞けばいいのか分からないまま今に至っています

 

 

 

間の間と書いて「あいのま」と読ませることは

工事前から設計士さんの説明で知っていました

ただ工事中はみんな

「まのま」と読んでいたことはもちろん内緒

 

 

あいのま というと

部屋と部屋の間って気がして

「間と間」がつながった「まのま」の方がしっくり来たのも事実です

 

 

呼び方はともかく

一生懸命に造った箱が支店長さんに認められたのは大変嬉しいことで

遠方の設計士さんが

私たちをうまくリードしてくれたことを思い出します

 

 

そうそう この廊下のような部屋のような

間と間をつなぐ場所がいいなぁと感じていました

 

一年を経て振り返ると

ここが あいのま な場所だったのでしょうね

 

 

さて 今回この受賞

 

このような機会を与えていただいた

施主さま設計士さんへの感謝とともに

関係各位 造っていただいた皆さまの

知恵のおかげなのは言うまでもなく

 

御礼として私の「すまいる」でよければ

皆さまに贈らせていただきます

ほめられる

第28回すまいる愛知住宅賞の記事が

昨日の中日新聞に載っておりました

 

北名古屋市で建てさせていただいたお家が

名古屋市長賞をいただいていますが

 

名古屋の市長と聞くと

「どえりゃあ ええがや」と あの声で

脳内に再生されるのが少々気になります

 

 

 

審査委員長の総評の中に

「丁寧な職人技術に恵まれた住宅」とありました

 

しかし 新聞に掲載されている写真には

その恵まれた感があまり感じられなかったので

 

 

恵まれた感じにしてみました

 

他にも

 

 

 

 

 

 

作らせていただいた側として

こういう辺りが 恵まれている

と思っています

 

この類の総評・講評で

職人の技術に触れてあったことが

とてもありがたく

 

どえりゃあ ええがや の声も

まぁ…でも

あの声での再生はやはり気になります

まさかとは思いますが
万が一 ということがありますので
取り急ぎお知らせを

世間的には ほどほどイケメンな監督として通っていた
うちの金子くんですが

よもやそんなことは無いとは思っておりますが
万が一 秘かな思いをお寄せの方がおられましたら

4月の中旬より 金子は既婚者となりましたので

お手を出されませんよう ここにてお願いの
知らせを 伝えさせていただきます
産みの親
ちょうど2ヶ月前 業務連絡 にて
お知らせさせていただきましたが

もう1件 朗報 を授かることとなりました



第47回中部建築賞 住宅部門にて 入賞との報を受け
12月9日に賞状をいただいてまいりました



代表しての受賞は施主さま

そして この施主さまが




この建物の 産みの親

確かに 設計は 倉橋友行建築設計室
施工は 箱屋 なのですが

この建物の 産みの親は 異論なくこの御方

ここに関わった者ならよく分かっていることなのです
業務連絡 【受賞2題】
日頃より
大変お世話になっております関連業者の皆さまに
業務連絡です

先日10月10日の東海住宅建築賞 授賞式にて



この表彰状を「みんな」を代表していただいてまいりました

続きましてもう一点
本日発刊の中日新聞朝刊にて



すまいる愛知住宅賞の記事が掲載されていますので
ぜひご覧ください

施主さまに対する感謝は言うまでもなく
設計事務所への尊敬も同様のこと

そして私はそれと同等に
これらを創りあげた関連業者皆さまを
誇りに思います

どうか皆さんそれぞれに
ご家族・恋人・近所の人に自慢してください

毎日大変な仕事してるんですから
たまには ほめられなければいけないのです


というわけで 以上 業務連絡でした

皆さま この度の受賞おめでとうございます
今後とも箱屋をよろしくお願いいたします
造ったのは私たち
設計したのは 倉橋さん

造ったのは私たち




このたび このお家が
すまいる愛知建築賞にて愛知県知事賞をいただきました



この住宅賞

施主名はもちろん 施工者の名前も表記されない 表彰されない

ホントにお前らが造ったのか?
と言われるのも悔しいので

最近の写真を 証拠 として


続きを読む >>
プレゼンテーション土曜日
A1サイズのパネルの前に立ち
直接 審査員に説明するという




いわゆるプレゼンテーションという行為



こうした たくさんの人の中にいるだけでも
ドキドキするのに

みんな上手に説明するもんだなぁ
と感心して見ていました



東海住宅建築賞の1次審査の日

清須のお家
3位となる得点を取得して
2次審査へコマを進めてくれました
箱屋にもある
箱屋にも
ホームページというものがあるのですが

施工実績の更新がずっと止まっていたことが
気掛かりではあったものの

本ブログをがんばって書いているから大丈夫 と
見て見ぬふりをしていました

でも完成した建物を一覧していただけるのは
良いことだと分かっていましたので

大村さんが入社してくれたことを機に
写真を整理して 選定して
ようやく ここ5年分を載せることが出来ました

箱屋のホームページ

とは言うものの 写真を撮れていない現場があったり
やっぱり素人写真だな と思うところがあったりで

一覧にすると かえって反省点が目立ちます

建築に対しても ままならぬ日々なのに
写真の技術向上までは難しい
という言い訳を お知らせいたします

オープンハウスのお知らせ


完成時にはこの姿となる 北名古屋市の現場です

このたび3月28日(土)に 施主さまのご厚意をいただき
オープンハウスを催させていただきます

詳細及びお申し込みは
南川祐輝建築事務所 まで

建築関係者からのお声掛けが多い
この類のオープンハウスですが

出来ますれば一般の方からのお申し込みがあると
うれしく思います

特殊な人が購入する特殊な家ではありませんので
ぜひお気軽にお申込みくださいませ

続きを読む >>
ありがとうございました
先日「もしよろしければ」で
人材募集させていただきましたが

これにて募集を締め切らせていただきます

ありがとうございました