職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
人材ウェルカム

世の中には奇特な方がおられまして

 

何人かはそういう奇特な方からの応募があるのではと

3週間ほど前に 現場監督さんと事務員さんの募集をしたのですが

事務員さんの応募だけはありまして

連休明けから来ていただけることになりました

 

私が中途半端かつ四苦八苦でこなしている

事務経理仕事を手伝っていただいたり

2人の現場監督のサポートをお願いしたり

 

その他事務所の掃除片付けとか宅配物の受取り発送や

郵便物の整理に資料請求…

 

多くをお支払い出来ない給金で

諸々の雑務を押し付けてしまうことになりそうですが

奇特な方なので

今のところ「大丈夫です」と言っていただいています

 

というわけで事務員さんの募集は締め切りますが

現場監督の方は引き続き ウェルカム

 

いやホントに 心からお待ちしておりますのです

人材ほしい

すでにうちには2人

ちゃんとした人材がいてくれているのですが

もう1人か2人分の手がほしいと考えています

 

以前の募集はもう4年前になりましょうか

その際に応募いただいた大村さんは

一人前の現場監督として活動中

 

さらにその4年前

2011年の春に 箱屋へわらじを脱いでくれた金子くんは

今や押しも押されぬ大黒柱

 

そんな2人のサポートと

そのついでに私の面倒をみていただける手を募集いたします

 

前回は 業務拡張ではなく

今までやってきたことをさらに続けていくため
という名目で募集しまして

そこで狙い通りの人材に縁をいただき

まずはここまで続けて来られました

 

今回は業務拡張を見据えての人材募集をいたします

 

私を含めた3人の現場監理のサポート

つまり現場監督見習いさんを1人と

 

それと経理・事務・資材発注のサポート

および不在になりがちだった事務所の管理

いわゆる事務員さんを1人

 

条件は前回募集時とおんなじ→要参照

 

実際には参照いただくほどもなく

応相談 ということなのですが

ただ事務員さんはパートタイマーで構いません

 

上に 業務拡張 と書きましたが

新たな 家の組織 を

進めるための

人材募集と位置付けています

 

改めてお問い合わせは

hakoya1965@gmail.com 又は 090-8545-7421 松本まで

 

事務所は春日井市気噴町北1丁目32番 ですが

日中は現場へ出ていることも多いもので

メールまたは携帯への連絡をお願いします

 

なお 募集は本ブログでのみ

一般求人誌・求人サイトには出しておりません

 

この記事をお読みの皆さま

建築に興味があり

転職・就職をお考えの方が近くに見えましたら

ぜひオススメくださいますようお願いいたします

授賞式は気恥ずかしい でも受賞はとても喜ばしい

完成してから かれこれの3年が経つのですね

面積を見れば小規模の増改築でしたが

各面で勉強させていただいた箱です

 

 

設計士さんはお若い方で

しかも遠方で初顔合わせ

 

見た目のいかつさ(失礼)とは違い

粘り強く繊細に

遠方の私たちをコントロールしてくれたことと

図面の丁寧さ正確さが大きく印象に残っています

 

そんな箱が

 

 

ん? なんて書いてあるのかしらん

 

 

第26回 愛知まちなみ建築賞 

 

ほんとにありがたいことでございます

 

 

 

「まちなみ」を形造るほどのサイズではありませんが

「まちなみ」にリズムを作る役割は果たしている

その辺りが「まちなみ建築賞」なのだと解釈しています

 

 

 

屋外ブラインドのウインクもチャーミングなこちらの箱は

施主さまも魅力的でロックンロールなお方

 

その施主さまのリズムが

この箱を通して「まちなみ」へ広がってゆく

 

リズム隊として役割の一端を担えたこと

とてもうれしい受賞でございました

支店長さんからいただく

写真をたどれば ちょうど一年前

 

 

岡崎の地に建てた箱が

第29回すまいる愛知住宅賞の

住宅金融支援機構東海支店長賞を授かりました

 

正式にはですね なぜか「すまい愛知」の

「る」の字が小文字で

そこが長年大きな として引っ掛かっているのですが

誰に聞けばいいのか分からないまま今に至っています

 

 

 

間の間と書いて「あいのま」と読ませることは

工事前から設計士さんの説明で知っていました

ただ工事中はみんな

「まのま」と読んでいたことはもちろん内緒

 

 

あいのま というと

部屋と部屋の間って気がして

「間と間」がつながった「まのま」の方がしっくり来たのも事実です

 

 

呼び方はともかく

一生懸命に造った箱が支店長さんに認められたのは大変嬉しいことで

遠方の設計士さんが

私たちをうまくリードしてくれたことを思い出します

 

 

そうそう この廊下のような部屋のような

間と間をつなぐ場所がいいなぁと感じていました

 

一年を経て振り返ると

ここが あいのま な場所だったのでしょうね

 

 

さて 今回この受賞

 

このような機会を与えていただいた

施主さま設計士さんへの感謝とともに

関係各位 造っていただいた皆さまの

知恵のおかげなのは言うまでもなく

 

御礼として私の「すまいる」でよければ

皆さまに贈らせていただきます

ほめられる

第28回すまいる愛知住宅賞の記事が

昨日の中日新聞に載っておりました

 

北名古屋市で建てさせていただいたお家が

名古屋市長賞をいただいていますが

 

名古屋の市長と聞くと

「どえりゃあ ええがや」と あの声で

脳内に再生されるのが少々気になります

 

 

 

審査委員長の総評の中に

「丁寧な職人技術に恵まれた住宅」とありました

 

しかし 新聞に掲載されている写真には

その恵まれた感があまり感じられなかったので

 

 

恵まれた感じにしてみました

 

他にも

 

 

 

 

 

 

作らせていただいた側として

こういう辺りが 恵まれている

と思っています

 

この類の総評・講評で

職人の技術に触れてあったことが

とてもありがたく

 

どえりゃあ ええがや の声も

まぁ…でも

あの声での再生はやはり気になります

まさかとは思いますが
万が一 ということがありますので
取り急ぎお知らせを

世間的には ほどほどイケメンな監督として通っていた
うちの金子くんですが

よもやそんなことは無いとは思っておりますが
万が一 秘かな思いをお寄せの方がおられましたら

4月の中旬より 金子は既婚者となりましたので

お手を出されませんよう ここにてお願いの
知らせを 伝えさせていただきます
産みの親
ちょうど2ヶ月前 業務連絡 にて
お知らせさせていただきましたが

もう1件 朗報 を授かることとなりました



第47回中部建築賞 住宅部門にて 入賞との報を受け
12月9日に賞状をいただいてまいりました



代表しての受賞は施主さま

そして この施主さまが




この建物の 産みの親

確かに 設計は 倉橋友行建築設計室
施工は 箱屋 なのですが

この建物の 産みの親は 異論なくこの御方

ここに関わった者ならよく分かっていることなのです
業務連絡 【受賞2題】
日頃より
大変お世話になっております関連業者の皆さまに
業務連絡です

先日10月10日の東海住宅建築賞 授賞式にて



この表彰状を「みんな」を代表していただいてまいりました

続きましてもう一点
本日発刊の中日新聞朝刊にて



すまいる愛知住宅賞の記事が掲載されていますので
ぜひご覧ください

施主さまに対する感謝は言うまでもなく
設計事務所への尊敬も同様のこと

そして私はそれと同等に
これらを創りあげた関連業者皆さまを
誇りに思います

どうか皆さんそれぞれに
ご家族・恋人・近所の人に自慢してください

毎日大変な仕事してるんですから
たまには ほめられなければいけないのです


というわけで 以上 業務連絡でした

皆さま この度の受賞おめでとうございます
今後とも箱屋をよろしくお願いいたします
造ったのは私たち
設計したのは 倉橋さん

造ったのは私たち




このたび このお家が
すまいる愛知建築賞にて愛知県知事賞をいただきました



この住宅賞

施主名はもちろん 施工者の名前も表記されない 表彰されない

ホントにお前らが造ったのか?
と言われるのも悔しいので

最近の写真を 証拠 として


続きを読む >>
プレゼンテーション土曜日
A1サイズのパネルの前に立ち
直接 審査員に説明するという




いわゆるプレゼンテーションという行為



こうした たくさんの人の中にいるだけでも
ドキドキするのに

みんな上手に説明するもんだなぁ
と感心して見ていました



東海住宅建築賞の1次審査の日

清須のお家
3位となる得点を取得して
2次審査へコマを進めてくれました