職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
オープンハウス記
前日の打合せ通りにキッチリと晴れてもらいまして



この中庭から青空を仰ぐ人も多かったかと思います



人の動く様子が隅から隅まで 一目で見渡せる家ですので
視界から人が消えることが無く

椅子に座る学芸員と
カーテンのすき間をぬって「展示室」を移動するゲスト

といった風の小美術館を感じました





この家に 住まう のは この子たち



昨日も大勢の方に見ていただき
それぞれに感想をお持ちいただいたとして

その中でも この小美術館を住居とする子供の成長を
楽しみに感じたのは私だけではないはずです



今回のオープンハウスを快諾いただいたT様 本当にありがとうございました

住まうにあたり まだ工夫の必要な点もあるかと思います
その際はお声掛けいただきますよう
今後ともよろしくお願いいたします


明日が青空だと良いのですが
せっかくのオープンハウスですので
中庭から 青い空 を見ていただきたいですね













続きを読む >>
カーテン始めました
日曜日にオープンハウスを迎える T様邸

本来の姿とも言える
間仕切り カーテン が取り付いたとのことで








印象が変わったということだけは
お伝えしたく存じます

足場が外されましたの1


周囲は普通に住宅街

足場を 外したら
背の低い箱ながら堂々としたものがにじみ出始めました

外壁が貼れたので もうちょっとしたら足場を外します




足場解体予定は10日後

目を引く箱になることでしょう

工事をしていて さわやか と思うことは少ない
フローリングを貼ったら
ガラスの壁と相まって 何ともさわやかな箱に




壁も天井も白くなる予定です



間仕切りは あまりありません



ここまで白いフローリングは初めて貼ります
新鮮景観に しばし見惚れてしまいました

小憎らしいヤツ
運搬中は威圧的な態度で
あたり構わず緊張感をふりまくガラスですが

収まってしまえばヒンヤリと
周囲の空気を鎮めます






テープで バツ印 を貼っておかないと
間違えて突っ込んでしまいそうな透明感なのに




透明のくせして存在感があるなんて
小憎らしいヤツです

この前の土曜日に
私は大工さんの 指導 を受けて



お家を造りました




続きを読む >>
誰も知らないところで
玄関先に1.1m✕1.1mの庇を木製で造るとして
表に見える支えなしにどこまで薄く造ることが出来るか

ある意味自己満足とも言える挑戦に労力を割くのは

金銭とは別な次元のぜいたくなのでしょう



続きを読む >>
光の入口


屋根の上にポコポコと
出っ張りが2つ




下から見上げると
結構な大きさの明かりの



外壁が出来て光の方向が固まって来ると
この が効果を見せ始めるのではないかと
楽しみにしております