職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
衣替え

こないだまでの 

青いシートをまとった箱は

季節深まり 朱くなりましところで 色直し

 

 

2階建てには 板張って

 

 

平屋のとこへは

ガラスめぐらす 組み合わせ

 

 

季節外しのひんやり衣装は

冬に向けてというよりも

 

完成目指す 衣替え

地鎮祭の時の気持ち

完成する箱があれば 始まる箱もあります

そうでないと 正月のお餅が買えなくなります

 

 

名古屋市内でも街の中

ポッカリと生まれ変わろうとしている土地に

新たな工事を依頼いただきました

 

 

地鎮祭という儀式は

静かな地盤に手を入れ 騒がせてしまうことを

お許しいただくためのお知らせであり

 

 

ここに住まう方々や 騒がせてしまう張本人を

地の神様に紹介する意味合いや

 

 

 

工事を始めるという責任を 施主・設計者・施工者がともに

再度確認する決意の日 それが 地鎮祭

 

 

普段の信心が足りない私であっても

建築という仕事を生業としている以上

 

近隣の皆さまにご挨拶するのと同じく

土地の神様にお声掛けするくらいは当然の責務と思っています

 

 

いぬのきもち や ねこのきもち は

雑誌で理解していただくとして

 

地鎮祭の時の げんばかんとくのきもち は

つまり上記のようになっているとご理解いただければ幸いです

人が住んでなんぼの仕事

 

箱が一つずつ完成してゆきます

 

 

 

工事期間中は 私のもの と思って

接してきた箱が

 

本来の持ち主の元へと渡されます

 

 

 

 

寂しくなんか ありません

 

 

私たちが造っているのは 生活を容れる箱なので

 

 

家具が入り 人が入ると

 

 

箱が活き活きと し始める姿を

何度も見て知っていますので

 

 

寂しくなんかは ありません

 

 

茶碗を作っている人もきっと

そこに白いご飯が盛られた姿を喜ぶように

 

 

私たちも 白飯ならぬ

人が住んでなんぼの 容れ物を造っているのです

刺激の多い10月リポート

10月が身勝手に

あっという間と 過ぎ去ろうとしています

 

11月に入れば 師が助走を始め

12月に入った途端に全力疾走

そろそろ私の目に お正月が映ります

 

さて10月

 

繰り返される台風水害の報に胸の痛みを覚え

 

身近の被害はないものの

まったく他人事とは思えない商売をしていることもあり

今後未来の気象事情が気になって

 

何があっても絶対に大丈夫な箱

 

そんな夢想をある程度の現実にしなければならない時代が

来てしまったことに畏怖しています

 

 

そんな10月

 

旧くからの懇意の設計士氏の

普段からとは規模の違う 相当な努力を詰めた箱を見学

 

 

クライアントが何を求め 彼に設計を依頼したのか

それに応えた姿に 大きな刺激をいただきました

 

 

 

 

そして10月

 

身を削るかのごとく 私小説のような建築と

 

 

大人のための童話のような建築を

 

 

拝見させていただきました

 

共通項の多い2邸ながら

それぞれの設計者の持つ強さが

まったく別の物語となって現れています

 

普段の見学会では 工務店のオヤジとして

施工のほど具合をイヤらしい目つきで

眺め回すのですが

 

この度は施工者の技術を上回る 設計者の想いを

やっぱり 眺め回してまいりました

 

 

ところで10月

 

ちょくちょく話題に上げる 午前十時の映画祭

 

 

知らないのなら知らないままにしておいた方が

身のためかと思う 時計仕掛けのオレンジ

 

現代においては映倫区分 R18+ の大人の映画

 

ただ私はそんな区分のない時代

10代中盤にこれを見てしまったので 手遅れです

 

刺激なんてだいたいにおいて慣れてしまうものなのですが

この映画から発射される刺激には慣れることがなく

 

何度見ても ミートスパゲティが食べたくなり

何度見ても  雨に唄えば を口ずさむ

 

あぶないおくすりのような映画を 楽しんでしまいました

 

 

 

あぁ10月

 

普段より刺激の多かった10月が終わり

年末を待たず全力ダッシュな 11月がやって来る

 

刺激を受けたから若返るってことはありませんが

ダッシュ用 燃料補給の1ヶ月だったように思います

建前から2ヶ月

建前直後の頃は 骨がむき出しのままに

ブルーシートは表皮の代用

 

 

 

図面を見ている私たちや設計士氏には

この骨やブルーシートの向こうに部屋が見えているのですが

 

 

頭の中で見えている部屋へと

たどり着くまでの道は 幾通りも あって

 

 

 

 

 

どの道を選択するかで

出来上がりも変わって来るのですよ

本当の話

 

 

 

職人さんの技術だけではたどり着けず

かと言って監督の技量だけでは無理の難題

 

 

 

未だ 骨むき出しの室内ですが

多くの人の手による下ごしらえは万端で

 

私の目には2ヶ月前より かなりクッキリと

部屋の姿が見えています

 

下ごしらえは技術 仕上げは感性

 

こちらの箱も そろそろと

感性の時間に入り始めたようです

若手の対義語は 古手なんですって

つい 先日のことのように感じます

 

 

今夏の 暑くなる少しほど前

こんな具合の見学会が催され

多くの方が見に来られ

 

 

あぁ無事に完成して良かった

施主さまに喜んでいただけて良かった と

 

 

ほんの前に お引渡しを済ませた箱が

 

 

住宅特集10月号「若手建築家の目指すもの」

というテーマに載りまして

 

これも ありがたき一冊として書棚へ並べ

私の老後の自慢コレクションに 追加 させていただきました

 

 

 

「若手建築家」というテーマですから

今号に掲載の皆さんは設計業界では若手と呼ばれる方々で

プロフィールを拝見すると1980年代生まれが中心の 40歳前後

 

今回 現場監督も箱屋の最若手が担当いたしまし

偶然にもテーマに沿えたように思います

 

そのうちこの業界も

30代前半の皆さんや20代の方や

驚異の10代が出て来たりしてくれると楽しいのですが

 

でもそんな若手建築家のお仕事は

私のような「古手」ではなく

もはや「若手現場監督」に任せるべきなのかしらん

と おもふ 初秋の夕暮れ

 

しかし

若手という言葉に反応してしまう歳になってしまったのね と

しみじみに 黄昏れて

 

それでも ただでは起きず 転んだふりもせず

新たに「古手」という言葉を覚え 語彙力上げて

雑誌への掲載とともに 収穫の秋をいただきました

明るいも正義

私たちは色んな正義に則って箱造りをしています

 

一軒一件それぞれの箱に固有の正義があり

必ずしも「この住宅が正しい」と

断定的に伝えられないところ 伝えなくて済むところに

この仕事の面白さ 楽しさを感じています

 

建前から1ヶ月半を経過したこちらの箱

 

 

図面で見ていますので 充分に分かっているはずなのに

それでも 南面全部開口が新鮮で

 

 

想像はしていましたが

明るい家造りに 慣れていない せいもあり

いつも以上に 奥まで差し込む陽光が なぜかうれしく楽しく

 

 

 

やっぱり明るい家も 正義 なんだなと

 

建築に携わる者としては イマイチおかしな感想ですが

この箱に教えてもらえた気がしています

箱屋で一人

今週 大村さんは旅行で不在だし

 

金子くんは体調を崩してお休みだし

 

事務の大西さんは「今週の出勤は木曜日だけになります」

って言ってたし

 

元々 事務所に全員揃うことは少なくて

特に昼間は現場へ出ていることも多くて

揃って事務所にいる時でも

みんな黙々と自分の仕事をしているのが日常で

 

だから事務所で一人ぼっちも珍しくは無いのに

 

あぁ今日はみんな いないんだ

 

と気付くと なかなかに寂しいのは

 

箱屋が一人ではない からなんだと思いました

夏の想い出 初秋の決意

この基礎とともに過ごした2019年の夏

 

 

 

 

紆余も曲折もなく

ただひたすらと まさに積み上げるがごとくに造り続け

 

 

ようやくたどり着いた 建前の日

 

 

気が付けば 空も少しばかり高度を上げ

目を離したスキに 秋の青へと色味を変えて

 

あの暑い夏はなんだったのかしらん 9月16日

申し分のない 好天吉日 でありました

続きを読む >>
失敗と挑戦と見学会

イカスミをそのまま塗り付けたような

真っ黒な玄関ポーチ

 

 

より黒く というリクエストに応えようと

左官屋さんは 工夫を凝らして挑戦をします

 

 

部材の配合に 当日の気温や湿度

下地の湿潤も関係あったでしょう

写真にも見て取れるように 日当たりの差の影響も大きく

その黒さから来る材料そのものの温度上昇も否定出来ません

 

諸条件考慮の末の施工でしたが

とにかくうまく仕上げることが出来ませんでした

 

 

左下隅に写る 心折れグッタリとした様子の左官屋くんは

私などが手前味噌を加える必要のない

確かな技術を持った職人さんです

 

その彼の判断を信頼した上で 失敗は失敗として受け止めて

次に彼がこの失敗をどうリカバリーしてくれるかを

私はとても楽しみにしています

 

私たちは紙一重のところで

失敗の恐れと向き合い共存する仕事をしています

 

事前にふせげる失敗を回避することは

すべてのお仕事の基本でありますが

失敗を恐れず挑戦することも 同じくらい

お仕事の基本だと思っています

 

続きを読む >>