職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
こういう時代

私が現場監督を始めた頃を振り返り見れば

 

女性の監督と一緒に建前作業をするなんて

そんな時代が来るなんて

 

 

いや そんな時代も いつかは来るだろうと

思ってはいましたよ

 

30年前だって女性の職人さんをお見掛けしてるし

女人禁制なわけでもないし

 

でも まさか

自分が始めた工務店で

女性監督を雇用することになろうとは

今春から2人目 これも縁でしょうか

 

 

その新人監督の初建前が

こちら豊明のOさま邸

 

 

施主さまも 設計士氏も 担当監督 金子くんも同級生

うーん 若い

 

 

 

このたびのミッションは

同級生の同級生による同級生のための箱

 

私たち おじさんはサポートに徹します

 

 

 

屋根の最頂部に載せる部材が「棟木」

この「棟木」を「上げる」ことが

「上棟」という言葉の起源で

 

この日もケガなく

棟を上げることが出来ました

 

 

作業自体 ほぼほぼ順調

施主さまも 至極ご機嫌

お弁当付きの ご満悦 をいただきました

 

 

 

 

 

建前という 全工期中でも大きなイベントは

作業している私たちも楽しくて

 

そして

個人の住宅を製作しているので 特にですが

 

その時に見せていただける施主さまの笑顔が

現場の原動力であり推進力となり

箱の完成度を上げてくれるのです

 

 

さて


施主さまの年齢は一定の層で定着しています

ふと気付けば 我々は年々に歳を重ね

その分 施主層との乖離が始まります

 

職人さんも一朝一夕で確保出来ませんし

一件二件の付き合いで意思を統一することも出来ません

 

私の経験を体験として伝えられるうちに

私の感覚が古ぼけてしまう前に

そんなつもりで 次世代の人に接します

 

職人さんの質については

実はそれほどの懸念はしていません

 

技術の直接の継承は難しくても

技術を得る機会さえ失われなければ

職人さんは存続してくれると信じます

 

それよりも監督の質の確保

それが出来る工務店しか生き残れないのかな と

 

 

量産型を目指すか個別対応型を突き詰めるか

 

二兎は追えなさそうな そういう時代

締めの時期

 

庭の人がやって来た

 

 

ということは

現場にとっての 締め の時期

 

 

庭木を植える 頃良い季節をお迎えいたし

 

 

 

 

室内 渋くまとめまし

 

 

ここまで出来ていても

完成の一瞬はまた別格で格別で特別で

 

その瞬間があるから

現場監督はやめられないのです

少しづつ

2月くらいから 少しづつ

 

休憩室を改修してみたり 少しづつ

 

 

 

昨日も

とりあえずの解体工事 一部分

 

 

 

少しづつが積み重なって

結構な工事をすることとなりそうです

ささやかに対策

箱屋の事務所を ご存知の方なら言わずもがな

 

首相に怒られてしまうくらいに

密で通気の悪い事務室となっておりまして

 

かと言って 休業するわけにも 

在宅ワークにも しにくいのがこの業種 

我ら 休業補償対象外

 

 

ささやかな対策として

金子くんが 1階倉庫へ事務机の隔離中

 

日中の気候が良くなってきたとは言え

夜間は冷える土間の上

ストーブ抱えてデスクワークしてくれています

 

今のところ身近に罹患者は出ていませんが

ひとたび関係者にコロナの発症を聞けば 

ともあれ現場の閉鎖を決断せざるを得ない

 

そんな 今までに考えたことのない危機的状況を

強く意識する日々 少なからずの疲弊

 

とにかく 箱屋の関係の皆さま

この建築業界においても

品行方正な部類に含まれる皆さまですので

今回この情勢の中 おとなしく

現場とご自宅だけの日々を過ごされていると思っておりますが

 

改めて

危うき場所には決して近寄りませんように

 

これは要請ではなく

命令としてお伝えさせていただきます

畑に始まる

日本においての農業

もちろん重要な産業あることに異論はなく

 

その農業を行う場所=農地の扱いについては

種々の法律が規定されています

 

 

もう誰も耕作をしていなくて

空いているように見える土地

 

こんな広い土地があれば5〜6軒

いやいや10軒くらいは建つんじゃないかしらん

そう思う人は多いでしょうが

 

農地に建物を建てる…というか

建てられるようにするまでの道のりは

相当に大変なのが我が国の法律

 

それはもちろん

先人の皆さまが永きの時代に渡り

保持・保全を続けてきた耕作地

それがそう簡単に宅地取引売買出来るようでは

農業という産業の維持に関わりますがゆえのこと

 

 

そのような種々多くの手続きを経て

建てられるようになったこの土地に

 

 

鎌で刈り

 

 

鋤を穿ち

 

 

地の神と 先人の保全に礼をいたし

ここに建てるのは 歯科医院

 

 

緑の農地から始めます

春に始まる

名古屋市内に始まります

 

 

市中ではありますが

それほど混み入った敷地ではなく

 

周囲に高層の建物もない

青空の届く場所

 

 

 

建物四方の清め祓いと

 

 

鎌・鋤・鍬の 穿ち初め

 

 

穿つ(うがつ) という漢字を

普段で目にはいたしませんが

 

建築においてまず最初に行うのが

敷地に穴を掘る「穿つ」という作業

 

空中に浮いた建物を造らない限り

どのような規模の建築物であれ

地面を「穿つ」のが始めの一歩

 

と言っても

「さぁ明日から現場を穿っちゃおうぜ」

などと言う建設関係者はおりませんが

 

地鎮祭においてのみ口にする「穿つ」という言葉に

神聖な響きを感じる

 

春に始める

春うらら

4月の初旬に産まれた私が

最初に目にした花は きっと だったはずで

 

 

その年から数えて56回

 

 

 

 

そうか…56回しか見てなくて

 

 

 

あと何回見られるか を

想う年頃 春麗ら

恩は仕事で返す

 

兵どもが夢の跡

外壁を貼り終えた直後の様子です

 

普段 こんなに板金の切りクズが出ることはありません

 

なぜなら発注時に細かく長さを指定して

現場での切断を極力少なくしているからです

 

 

 

 

 

 

ただ 今回はそんなわけには いきませんでした

 

同じ長さを連続して貼れる個所が 無い

言い切ってしまっても 言い過ぎではないでしょう

 

一枚貼るごとに長さが変わり

そして すぐに曲がり角がやってくる

 

板金屋さんもよく頑張ったと思います

 

 

 

特殊なところの多いこちらの箱ですが

金子くんも相当に苦労していますが

 

それ以上に

今回は施主さまに大きく助けられ

救っていただいています

 

 

完成まで感謝を込めて

ここに関わる造り手全員がその気持で

 

 

あと1ヶ月と少々

 

恩返しの時間帯に入って参りました

関係皆さま よろしくお願いいたします

円弧を描く(みんなの苦手な数学の時間)

35年前のこと

 

私の人生において今後関わることはないであろう と

そう勝手に解釈して理解を放棄してしまった 微分と積分

 

人生に「もし」があるとして

 

もしあの35年前 数学の授業で微分と積分を習得していたら…

 

 

はいっ というわけでやって参りました 建前の日!

 

 

 

 

屋根までのところは パキパキっとスムーズに

 

 

 

 

途中 鉄骨の補強梁のところで手間取るものの

 

 

 

ここも難なくクリアで 次のステージへ

 

 

次に登場するのは 円弧を描く屋根の部材が9枚

こちらが本日のメインイベンター

 

 

 

とは言え 取付けは計画通りの予定通りで

 

 

こちらも難なく スポスポっと設置されていきます

 

 

写真では分かりづらいのですが 高さも通りも驚くほどに正確で

 

こういうのを造ると分かるのですが

今回の9枚 それぞれ手作業で造っていて

それら9枚 ほんの数个寮什邯躡垢

高さも通りも大きく狂って来たりするものなのです

 

これも各部寸法を計測しながら 気を配りながら製作してくれた

大工さんのおかげだと言えるでしょう

 

 

 

さて 円弧

 

 

直線と曲線では扱いがまるで別物で

 

直線はどんな角度であろうと

私の電卓に常備されている sin cos tan と書かれた

三角関数さんが解決してくれるのですが

 

曲線を解析するには 多分…多分ですが

微分とか積分を使うんですよね きっと

 

35年前に微分と積分を習得出来なかった私は

今回CADを使って半径7.35mの曲率を設定し

その円周の約10分の1にあたる4.56mの円弧を

ここの2階の天井の形としました

 

 

屋根部材の製作時

まず最初に並べたのは304个ら1个鼎跳梗个鯢佞韻

台形にした角材

 

ここが多分…多分ですが微分のお話なのだと思います

 

その1个侶梗个硫湛が実は面倒くさくて

 

いいじゃん別に 直角にスパッと切り落としたって

1个覆鵑童た目じゃ分かんねぇよ

 

はい 見た目では分かりません

ただ 連続させると大きく変わります

 

304个里泙泙農擇辰震攤爐鬚弔覆欧燭箸海蹐

直線にしかなりませんが

1亰梗个鯢佞韻震攤爐鬚弔覆欧襪犯招7.35mの円弧を描きます

 

そしてその1个侶梗个

屋根に掛かる力を箱本体にも伝えてくれるのです

 

今回の屋根部材の精度は

その1个琉嫐を信じてコツコツ加工してくれた大工さんの勝利

 

 

こうなると CADと大工さんの技術があれば

微分を理解していなくても

美しい円弧を描けることが分かってしまったので

残念ながら私は数式としての微分積分を習得せずに

人生を終えることになりそうです

 

 

 

建前も無事に完了し

翌日に雨予報を聞いたものですから

ブルーシートでくるむまでが本日の作業で

 

 

見上げるとそこには弧を描く天井があり

 

 

その下では楽しそうに集う 施主さまご家族と近所のお友達

 

 

完成の日まで学びながら

お引渡しのころには今より少しお利口さんになれるよう

みんなで成長する現場にしたいと思っています

オルタナ日曜日

 

スポーツのほとんどを無観客試合としている昨今

ライブ中止のニュースも相次ぐ中で

 

 

無観客ライブ  

YouTube無料生配信

NUMBER GIRL

 

 

これは日頃仕事に明け暮れている私への ご褒美かっ!

 

 

オルタナティブ ロックというジャンルが漠然としていて

どの辺りがそうなるのか把握しかねるのですが

少なくとも私にとって日本のオルタナど真ん中はNUMBER GIRL

というか 向井秀徳

 

 

ピストルあり

 

 

突如 森山未來あり

 

 

そして TATTOOあり

 

 

まさか晩ごはんを食べながら

お茶の間でNUMBER GIRLの生ライブが見られる時代が来るとは

 

いやぁ 長生きはしてみるものですなぁ