職業・箱屋  箱を作るお仕事してます
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ありがとうございました

思った通りに出来上がりましたでしょうか

 

検討を重ねて造ったつもりでしたが

まだ足りないところもあるかもしれません

 

設計士さんとは多く打合せをして意見を交換いたしました

隅の隅でかなり戦ったことを覚えています

 

最後はお庭づくりまで

みんなで 一気に造ることが出来ました

 

そんな建物を どうぞ

お受け取りくださいませ

 

 

 

 

続きを読む >>
人数多め

個人住宅を造ることが多いもので

地鎮祭へご出席いただく人数は

ご家族と 設計士さんと 工事関係者の

総勢10人前後が多いのですが

 

今回造るのは スタジオ

ということで 会社関係者のご列席をあわせ

人数多め

 

 

絵面は堅苦しそうに見えますが

笑顔の多い ほのぼのとした

梅雨の隙間 晴天の地鎮祭を楽しみました

 

 

今回 ご列席の人数も多めでしたが

造る箱の規模も大きめなものですから

 

知力結集で造っていきたいと 考えておりますので

皆さま よろしくお願いいたします

現場が始まる どころか建前完了

例年お世話になっている 国府宮の近く

 

 

作業をするにはありがたい

程よく平らで広いこの場所で

 

 

3人のお子さんを抱きかかえたご家族の

 

家造りがスタートしました

 

 

 

今年の6月は

早めに梅雨入りの声が掛かったものですから

建前のタイミングを眈々と狙っていたところ

 

ドンピシャ ズバリと 雨の合間を縫っての

6月9日の土曜日 晴天

 

 

上手に建前日和をいただけました

 

続きを読む >>
現場が始まる

見晴らしのよい 高台で

 

川島小鳥氏が撮る少女 未来ちゃんほど

ほっぺの紅い

 

 

この子と ご家族の家を作り始めます

 

 

施主さま=設計士さんというシチュエーションのこちら

いわゆる設計士の自邸製作のお手伝いとなります

 

 

子どもたちがスクスク育つための家造り

 

新たな試みなども勉強しながら スタートいたします

 

あとは 庭だ

 

 

私がドタバタしていても

建物の本体は ほぼ完成へと近づいて

みんなには本当に感謝している

 

 

 

 

 

 

さぁ あとは 庭だ

今は梅雨だ

足場が取れてる

 

 

外は足場が外れていた

 

 

室内は造作中だ

 

 

天井のシナベニヤはとても キレイに 貼れている

 

私がドタバタしていても

現場は落ち着いて進んでいる

とてもありがたくて 感謝しかありません

初めて造る

私の現場監督人生も32年目に突入いたしました

 

32年も造ってくれば

ひと通りのことは経験していそうなものですが

 

 

この材質でこの貼り方は

今まで造ったことありません

 

 

材料と施工方法の組合せで考えると

表現方法は 無限 に思えるほど存在して

 

そのたび その都度に 頭をひねるのですから

32年この仕事をしていても飽きることがなく

 

その点はありがたいことだと思っています

週刊H邸

隔週程度のペースで見掛ける

現場における打合せ風景

 

 

何を今さら打合せすることがあるの?

図面に書かれていることをそのまま造るだけなんじゃないの?

と思った そこのアナタ

 

 

私たちと家造りをして来られた施主さまなら

よくご存知とは思いますが

 

図面に書かれていることを

工事の進捗に合わせ検討し直して

 

こういった打合せの場所で 現場を見ながら図面を直す

なんてことは 日常茶飯事

 

この打合せのあとに

号外のごとく「今週のHさん邸」4月号といった具合に

図面が刷新されていくのです

 

こうなると

現場開始時に製本された図面などは参考程度に見るだけで

毎月発売されるディアゴスティーニの雑誌のように

打合せごとに発行される図面を頼りに造るのですから

 

工務店という仕事がいかに大変で

バラバラに存在する図面を元に造る職人さんが

どれだけスゴイか

 

私たちと家造りをすると分かっていただけると思います

にぎやかな桜

 

 

 

つい数日前までは余分な衣服にくるまれていたはずなのに

3月らしからぬ 気温の急な上昇とともに

叩き起こされるように 慌ただしく

無理やりのように咲き始めるものだから

 

例年より桜が にぎやか

箱屋について

前回ホームページの「施工実績」を更新したのが

おおよそ3年前の2015年のこと

それ以前は5年も更新していなかったようで

(参照 箱屋にもある

 

箱屋の営業ツールは本ブログとホームページしかないのに

5年ぶりとか3年ぶりとか

 

ヤル気があるのか?

 

と 言われても仕方のないペースで申し訳ありません

 

ありがたいことに施工実績も順当に増えまして

1ページには収まらず 年代別で追うようにいたしました

 

また各現場の写真を開くと設計事務所名も付記してあります

ご興味の設計士さんがお見えになりましたらお声掛けください

 

今回は「施工実績」の更新とあわせて

「箱屋について」のページにも

経歴だとか箱屋の考えとか特徴など記載しようかと思い

 

どれどれ他の皆さんはどんなことを書いているのだろう と

他社さんのホームページをながめるのですが

 

うーん どうにも

「夢」と「想い」と「確かな技術」の

そんな文章を短文にまとめることが出来ず

 

仕事に対して思うところなど

その年 その時期で変わるのですから

固定して書き込むことに抵抗を感じてしまったこともあり

ホームページへの記載は 断念 いたしました

 

その代わりと言ってはなんですが

本ブログのカテゴリーに「箱屋について」を設置して

そこへ思いつくまま書いてみましょうか

 

箱屋の理念とか特徴とか目標とか

住宅建築における情勢やそれに対する所感など…

 

ただ こちらも施工実績と同じで

数年に一度の掲載になるような そんな気がしていますので

先に すいません と謝っておきます